【日本語OK】マレーシアのデンタルクリニックで歯石除去とクリーニング!【費用は?保険は適用される?】

未分類
スポンサーリンク

こんにちは、マレーシア生活も今月末で1年を迎えるazuです。

ずっと前から、なんなら日本にいるときから“そのうち行かなきゃ”のまま放置していた、歯のメンテナンスにようやく行くことができました!!

マレーシアって歯科治療が高いで有名で、会社加入の保険でも歯科治療は限度額が低く、ほぼ実費になるときいていたので歯医者に行くのはかなり躊躇していました。

虫歯の症状があるわけではないし、歯のクリーニングは日本でも実費で行うことが多いですよね。

今回のブログでは、マレーシアの歯医者ってどんな感じ??という素朴な疑問から、

実際にかかった費用や、保険適用の有無などをまとめてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本語が通じる歯医者さん

今回私が行ったのはマレーシア内でも日本語の通訳さんが在中している、さくらデンタルクリニックです。

公式HPより抜粋

さくらデンタルクリニック SAKURA DENTAL CLINIC

住所:C-01-02,CAPITAL 3,OASIS SQUARE NO, 2, Jln PJU 1A/7, Ara Damansara, 47301 Petaling Jaya, Selangor

電話:017-667 6149(日本語専用ダイヤル)

営業時間:午前の部 9時〜13時 午後の部 14時〜18時

休診日:日曜・月曜

診療科目:一般歯科・小児歯科・予防歯科・審美歯科・イビザライン

支払い方法:現金・クレジットカード

日本語ホームページ:https://sakuradentalmy.com/?fbclid=IwAR0oTHTeNYzogbCP5SbnYoX1m16nvYlZ_VzxDCQ2459ujbViFPezz8I5-dQ

セランゴール州の日本人学校からもほど近い、オアシススクエアという複合エリアにある、日本語通訳在中のデンタルクリニックです。

院内は、明るく広々としておりとても清潔感があります。

私は、費用のことやクリーニングにおいての相談事があったため、事前に来院で相談し予約を取りました。もちろん日本語です!費用の目安についてもまず初めに伺って、知ることができたので、安心して訪れることができました。

予約はLINEで取ることができます。

さくらデンタルクリニック公式ライン

レスポンスも早くて丁寧なので、日本人が望むレベルの接客や安心感を与えてくれます。

マレーシアの歯医者さんって設備とかどんな感じなんだろう・・・器具とか古くて痛み強かったりするのかな・・・・。正直そんな不安や偏見ももってしまっていた私ですが、まず相談時の対応やスタッフ・院内の雰囲気に不安もすぐに拭うことができました!

治療に使うチェアー、器具等の設備も日本と何ら変わりませんでした(^^♪

デンタルチェアー
公式HPより抜粋

歯石除去と歯のクリーニングにかかった費用

では、実際に費用は?

日本でも初診の歯医者さんで実費で歯のクリーニングをする際は5000円~6000円するところも多いですよね。

私もさくらデンタルクリニックに来院するのは初めてだったので、初診料とは歯石除去、クリーニングにかかった費用は、日本で受けるのとほぼ同額から若干高めくらいでした。

内訳は下記のとおりです。

合計でRM350でした。

歯科医院での流れ

①受付

受付にて問診票を記入します。問診票も日本語訳がついているので安心です。

②診察台へ

名前を呼ばれたら診察室へ案内され、診察台へ。

マレーシアでは歯科治療の前にイソジンでのうがい40秒が義務付けられているらしく(コロナ期だけかは不明)、しっかりうがいをしてからスタートします。この40秒間が結構い(;^ω^)

③問診

気になるところを先生が聞いてくれます。優しくて相談しやすい雰囲気の女医さん+アシスタントの看護師さん+日本語医療通訳スタッフの方ががついてくれます。

虫歯などがないか口腔内全体をチェックしてくれます。

⑤歯石除去

日本と同じようにドリル?と唾液を吸う機械、ゆすぐ機械などを用いて歯石を除去していきます。

前歯裏の歯並びが悪い隙間に歯石ができてかなり気になっていたので、しっかり取っていただきました。

⑥歯の表面のクリーニング

表面の着色や汚れのケアとして、日本でもおなじみのエアフローを行いました。強風で塩っ粒を吹き付けられているような、アレです(笑)

エアフローとは、とても細かなパウダー状にした粉を、強力なジェット水流で歯に吹き付けて汚れを落とす器具のことてす。コーヒーやタバコなどによる着色の除去にも効果があります。最大の利点は、痛みがほとんど無いことです。さらに、歯の表面を傷付けることなく、まんべんなく徹底的にクリーニングできる点です。先進的な治療を行っている医院では導入が始まっています。

中村歯科医院スタッフblogより引用

私は、前歯まわり上下6本ずつにラミネートべニアという、一種のホワイトニング用の薄い表面加工プレートをつけていたのですが、つけてから時間が経ち、かなり表面の着色汚れがでてきてしまったんです。

コーヒーは毎日2,3杯、休日には赤ワインと着色しやすいものを好む私としては、せっかくホワイトニングでラミネートべニアを付けているにもかかわらず、表面の黄ばみがとても気になっていました。

エアフロー後はつるつるでピカピカ黄ばみや汚れとバイバイ!!!

着色汚れの目立ちづらい歯になりました。(完全に真っ白にはなりませんが。)

先生に歯のメンテナンス、エアフローのようなクリーニングはどのくらいのペースで行うのが理想か聞いてみたところ、半年に一回程度がおすすめだそうです。

⑦お会計

お会計をして終了。支払い方法はクレジットカードも対応しているのでありがたいです。

予約時に聞いていた金額通りの明瞭会計でした♪

30-40分ほどで全て終了し帰宅しました。

保険は使える?

さくらデンタルクリニックでの診療は保険についても適用となるケースがあります。

◆日本の健康保険の場合をお持ちの場合◆

本の全額保険適用の治療
医師が専用の申請用紙を記入(有料)
帰国後、日本で治療費請求

◆ヘルスケアプログラムキャッシュレス 対応可能企業の保険証をお持ちの場合◆

海外療養費支給申請書兼委任同意書
当クリニックで日本の国保適用内の治療
キャッシュレス対応

◆自費・保険適用外の場合◆

現金またはクレジットカードで支払い可能

私の会社で加盟しているPMケアという保険の場合だと、直接の加盟でないため、キャッシュレスには対応していません。

しかし、PMケアでは1年あたり少額ですが、歯科で使える限度額が設定されていた為、『歯のクリーニングだから保険適用外かもな~』と思いつつも申請を出してみました。

申請できるのは、1回あたりRM50がマックスではありますが、ちょっとでも足しになれば嬉しい限りです。

結果は~

マックスRM50の申請が許可され、申請から10日後には口座に入金されていました\(^o^)/

ダメもとでもやってみるもんだ!

診察内容や、加入している保険の種類によってはカバーできることも増えると思いますので、一度相談してみると良いかもしれません。

まとめ

今回のさくらデンタルクリニックさんもそうですが、マレーシアで日本語通訳さんのいるクリニックは、丁寧な診察、フォローをしてくれるところが多いです(^^♪

コロナ禍で移動制限等もでているマレーシアですが、住居地から移動許可範囲外の場合は、通院のためのレター発行も行ってくれます。

小児歯科もあるようなので、娘の歯科検診もお願いしてみようかなと思っています。

マレーシアでは歯列矯正や審美歯科の分野でも日本より安く受けられるそうで、在馬中に矯正をはじめる方も多いようです。

安心して通えることが判明したので、私も定期的に検診やエアフローは受けたいなって思っています。

以上、マレーシアでの歯医者受診レポでした(^^)/

マレーシア情報掲載中

【マレーシアでシミ対策】元エステティシャンが選ぶ!カーボントーニングができるお薦めクリニック【毛穴・シミ・美肌】

【マンダリンオリエンタル】マレーシアで子連れで泊まるなら?ママ目線で選ぶホテル徹底レビュー【#1】

コメント

タイトルとURLをコピーしました