【ペットも感染するの?】飼い猫をコロナウイルスから守るには?世界中のニュースや対策記事をまとめてみた【ドイツで猫のコロナ感染確認】

猫'sと快適Life
スポンサーリンク

こんにちは。

コロナウイルス関連のニュースの報道が続いていて、世界中で感染が拡大してきています。

刻一刻と状況は変化して、自分や家族、周囲の人を守るには?と不安や現実と戦いながら模索する日々が皆さん続いていると思いますが、ペットを飼っている飼い主にとっては驚きと残念なニュースが先日入ってきました。

今まで、ペットには感染しないであろうと言われていた、コロナウイルスですが、ドイツでペットの猫に感染が確認されたケースが発表されたのです。

我が家も室内オンリーの飼い猫2匹がいますので、このニュースは見逃すことができないです。

そこで、今回は世界各国のペット×コロナウイルスに関するニュースをまとめてみました。

2020年3月末現在の最新なので、情報はどんどん変わっていくことと思います。

ペットの感染を防ぐには?だけでなく、感染した場合の想定される症状や、飼い主がどうゆう行動をとるべきか、また、もし自分が感染し隔離されたときペットはどうなるかなど、様々な視点からのニュース記事となります。※Google翻訳などを参考に翻訳しています。

私は専門家ではないので、翻訳や情報の選択に完全な自信はありませんが、この記事が皆さんの情報収集に役立ち、少しでも多くの判断材料を得る手助けになればと考えています。

スポンサーリンク

ペットがコロナウイルスに感染する可能性

2020年3月20日のScienceの記事に、ペットとコロナウイルスについてこのような記事がありましたので、一部抜粋します。

Q.ペットにコロナウイルスを感染させてしまうことはできますか?

A:SARS-CoV-2ウイルスは、人から人へと広がります。現時点では、人間から動物への感染拡大をサポートする研究はありません。香港の犬のサンプルには、少数のウイルス粒子が含まれていました。疾患の臨床的兆候のない動物では、これが何を意味するかを言うのは難しいです。それは単一のケースであり、動物に感染するヒトSARS-CoV-19ウイルスの可能性についてさらに多くの研究を行う必要があることを学びました。

https://www.sciencemag.org/news/2020/03/quarantine-cat-disinfect-dog-latest-advice-about-coronavirus-and-your-pets

つまり、以前流行したSARSのコロナウイルスは人から人へ広がることが分かっており、ペットへの感染はあまり例が確認できていなかったようです。3月20日時点では新型コロナウイルス香港で犬からも微量に検出がされているそうです。ただ、香港の農水省(AFCD)感染が確認された犬は鼻と口のサンプルからウイルスを検出する敏感なテストでウイルスの「弱い陽性」だったそうです。 「イヌの感染レベルは低く、ヒトから動物への感染の可能性が高い」と記されています。

※追記※ 更に調べていくと香港で飼い主から感染したワンちゃんは死亡してしまったそうです。この死亡原因は、飼い主と離れたストレスからというものや、老犬であったためほかの原因で死亡した可能性が高いという論文も多く見られました。

この時点では、犬→人の可能性はほぼなく、人→犬はまれにあるが、弱いので問題ないだろうと考えられていたことが伺えます。

しかし、この記事から間もなくして、ドイツ・ベルギーで飼い猫がコロナウイルスに感染したというニュースが入ってきました。

飼い主から猫にコロナ感染 ベルギーで初確認:朝日新聞デジタル
 飼い主から猫に新型コロナウイルスが感染する事例がベルギーで起きていたことが27日、分かった。これまで飼い犬への感染は報告されていたが、飼い猫への感染が確認されたのは世界初。ベルギー当局は「特殊なケー…

飼い主から猫に新型コロナウイルスが感染する事例がベルギーで起きていたことが27日、分かった。これまで飼い犬への感染は報告されていたが、飼い猫への感染が確認されたのは世界初。ベルギー当局は「特殊なケース」としているが、感染者はペットと接触することも避けるよう呼びかけている。

引用;朝日新聞デジタル

飼い主からペットへの感染が世界初として確認されたようです。香港の犬の話は弱い陽性反応があるとうことで、症状は出ていなかったようなのですが、今回のドイツの猫ちゃんの場合は、コロナが与える体調不良の症状も強く出ていたようです。

ペットがコロナに感染したら?想定される症状

まだまだ症例、報告例が少なく症状についての情報は想定である部分も多いと思うのですが、Science directにてこのような記事がありました。

・若い子猫、特に4〜12週齢の子猫では、猫のコロナウイルスが下痢を伴う軽度の腸炎の急性発症を引き起こします。糞便は柔らかくて液体で、粘液や血液はほとんど含まれていません。

・下痢は、嘔吐、微熱、食欲不振、嗜眠を伴うことはまれです。

・臨床徴候は通常軽度で、2〜4日以内に自己回復します。死亡が子猫で稀なケースとして見られました。

・感染した保菌猫のごく一部では、このコロナウイルスの突然変異により、ウイルスがマクロファージに感染し、全身性の播種と致命的な猫の感染性腹膜炎を引き起こします

https://www.sciencedirect.com/topics/veterinary-science-and-veterinary-medicine/feline-coronavirus

新型コロナウイルスが原因での感染症などには特に気を付けた方がよさそうですね。猫ちゃんは風邪をひくとお腹が緩くなると言われていますが、コロナの場合も同様に下痢の症状が目立つようです。

感染拡大が終息を見せない中、これからペットの感染も徐々に増えることは十分に考えられます。

その場合動物病院も、対応が迫られたり、また症状が出ない場合、もしくは軽症の場合などは人間と同じように自宅で隔離し回復するのを待つ必要があるなんてことも、起きるかもしれません。

最悪のケースを想像し、準備や事前対策が大事なのは人間も動物も同じですよね。

家族やペットが感染した時の対策方法

ペットだけが家庭内で感染しているという可能性は低いでしょうから、ここでは家族も感染している前提でのお話となります。

家族に感染者がいる場合、ペットは家族から家族に菌を運ぶ役割をしてしまう可能性が十分に考えられます。

その場合、感染した家族は別室で家庭内隔離や食器やトイレ、お風呂などをなるべく共有しないように可能な限りするとおもうのですが、ペットも感染者と健康な家族との間を行き来するのを避ける必要があります。

また、外にも自由に行き来することができる環境で飼育されているペットは、外で保菌者に撫でられたりすることから菌を持ち帰ってきてしまう可能性も、これだけ感染者が増えているご時世絵ですので、考慮しなければならないと思います。

家族の準備計画にペットを含めることが重要です。病気になって検疫(隔離)された場合は、ペットフードを手元に用意しておく必要があります。また、家に戻れない場合に備えて、ペットに必要な摂食、ウォーキング(散歩)、薬のことを隣人に知らせてください。今すぐ準備してください。

https://www.sciencemag.org/news/2020/03/quarantine-cat-disinfect-dog-latest-advice-about-coronavirus-and-your-pets

一人暮らしでもし自分が感染していたら、急に病院での隔離入院生活が始まる可能性もあります。

念のための備えとして、ペットフードの十分な備蓄や、世話の方法などを親しい人に共有し事前に話し合っておくことも大切ですね。

まとめ

冒頭にもお伝えしましたが、これらは日本・海外の記事をグーグル翻訳をベースにまとめているものです。翻訳も完璧でなかったり、情報も随時変わる可能性があります。

これだけ情報にあふれているので、良い情報かどうかの選別はそれぞれの判断になると思います。

ペットのことが心配ないち飼い主として、少しでも多くの情報を皆さんが知るきっかけになりましたら幸いです。

うちの猫たちがおなかを壊したときに動物病院で購入したウエットフー↓↓

Amazon | 【療法食】 プリスクリプション・ダイエット キャットフード 腸内バイオーム チキン&野菜入り 82gx24缶 | プリスクリプションダイエット | ウェット 通販
【療法食】 プリスクリプション・ダイエット キャットフード 腸内バイオーム チキン&野菜入り 82gx24缶がウェットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | スペシフィック 犬猫用 F/C-IN-W リカバリー・アシスト ウェット 95g×7 | スペシフィック | キャットフード 通販
スペシフィック 犬猫用 F/C-IN-W リカバリー・アシスト ウェット 95g×7がキャットフードストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

こちらの記事もおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました