【マレーシア子育て】コストコのおしりふきに似た製品を探す旅。【比較・使用感レポ】

マレーシア子育て
スポンサーリンク

こんにちは。

マレーシアにて2月末から1歳半の娘と家族で移住生活をはじめたazuです。

マレーシアは意外と日本人のご家族や母子留学で長期滞在している方が多い印象。小さい子ども連れで引っ越してきたばかりの時に、心配なのは赤ちゃん用品のクオリティだったり、日本で慣れ親しんだボディケアグッズが手に入るか・・・というところだと思います。

今回の特集では“おしりふき”に焦点を当てて、使いやすさなどを比較していきたいと思います。

まだ比較対象は少ないので、またいろいろ使っていく中でベストなものが出てきたら随時アップデートしていきますよ~♪

スポンサーリンク

日本でリピートしていたおしりふき

日本にいるときも、ひとつのメーカーに落ち着くまですごく時間がかかりました。

新生児期からいろいろ試してみて、『もう浮気することはない!!』と一途にコレ‼と決めたおしりふきは愛用・リピーターが多い、コストコのおしりふき

わざわざレンタカー借りて店舗に買いに行っていたこともありましたが、アマゾンで売っているのを後に発見・・・!

コストコのおしりふきの何が良いって、とにかく厚手で大判なこと。ほかのメーカーのおしりふきだとねっとりうんちをふき取るのには何枚も必要だったり、薄いので拭いているうちに、手のひらでぐちゃっと丸まってしまって、とても拭きづらくなってしまったり。

そんな不便さ・使いづらさがなくなったんですよね!

箱買いしているので、あっ!おしりふき切らしちゃった・・・なんてこともないですし、丈夫な蓋つきなので水分も逃げません。

Amazon.co.jp: カークランド&テンセルKirkland&Tencel ベビー用おしりふき(ベビーワイプ)18×20cm 900枚入(100枚入×9パック) 無香料・超ソフトタイプ・ビタミンE配合: ベビー&マタニティ
Amazon.co.jp: カークランド&テンセルKirkland&Tencel ベビー用おしりふき(ベビーワイプ)18×20cm 900枚入(100枚入×9パック) 無香料・超ソフトタイプ・ビタミンE配合: ベビー&マタニティ

そんなコストコおしりふきラバーの私がマレーシア移住で心配だったのは、どのおむつとおしりふきを選べば良いか。

ここにはアマゾンもコストコもありませんから(´;ω;`)

ベビーケア用品はマレーシアでも安いわけではないので、できるだけハズレ商品に当たることなく一つのメーカーに絞り込みたい!

そんなわけで、私と同じでおしりふき難民なママさん達の役に立てばと思い、今回使用感などをなとめております。

マレーシアで買えるおしりふき比較

マレーシアでは日本製品も含めて、近隣諸国のおしりふきもスーパーやドラックストアで購入できるため、選択肢は多め。

うーん。ますますどれを選んでよいかわからない!

そこで、いくつか条件を決めて絞って探していくことにしました。

  • しっかりとした蓋がついているのも
  • アルコール&パラベンフリーなもの(alcohol and paraben free)
  • 無香料(Fragrance free)
  • 厚手タイプ(thick)

カッコ書きの英語表記を目印に探していきます。

とりあえず、私は手始めにTESCO online(大手ネットスーパー)で探してみました↓↓

Tesco Groceries

ネットスーパーでおむつや水、ベビー用品などを購入・配送できたらめちゃめちゃ便利ですもんね。

購入したのはこちらの2つの商品。

Tesco original Fred&Flo

テスコはコストコのようにオリジナルブランドが安く売られているのですが、こちらのベビーワイプもそのうちのひとつ。

2パック入っていてRM8.99なので、ひとつ約112円ほどです。

80シート入っていて、上記の条件を満たしています。

同じ名前のものでピンク色のパッケージもありますが、そちらは香料付きだったと思います。

Applecrum by Extra Thick

こちらも同じく 2パック入っていてるのですが、値段は結構高くRM27.90なので、ひとつ約350円ほどです。 ちょっと手を拭いたりとか気軽にたくさんおしりふきを活用したい方にはコスパが悪いかもしれないですね。

コストコ製品との比較

ではでは、本題の使用感について、コストコのおしりふきと比較していきたいと思います。

コストコおしりふき、1パックだけ持ってきていたので、最初に使ったFred&Flo(画像スペルミスごめんなさい)との比較です。

大きさはやはりコストコの方が大きい!!

重要な厚さはというと、

コストコ
Fred&Flo

そこまで大差がない感じ。合格です。Fred&Floのおしりふきは使うときに連なってたくさんでてきてしまう!ということも無かったです。ただ、折りたたまれた状態になってしまいやすいので、広げる必要はあり。

では、 Fred&Flo とApplecrumの比較をみてみます。

大きさはコストコ>Applecrum> Fred&Floという並びですね。

厚さに関してはさすがExtra thickだけあってコストコと同等、若干それ以上という感じです。

厚さ コストコ≒Applecrum> Fred&Flo

Applecrum は表面がデコボコ加工されていて、ねっとりうんちの時でも1回のふき取りで、結構綺麗になります。

使用感としては、どちらも日本の安いおしりふきに比べてしっかりと水分量がありますので、2つとも使いやすかったです。コスパで選ぶならFred&Floでも全然問題なく、製品としてはどちらかというと Applecrum が好きでした。高いのでリピートはしばらく控え、 Applecrum に似た製品をまた探してみようと思います。

どちらも!娘の肌にはあっていて、肌荒れ、かぶれなどは出ませんでした!

まとめ

いかがでしたでしょうか。しっかり選べば日本に比べて劣ることなく安心して使える製品もたくさんあるので、これからもいろいろ試していきますね!

おむつについての比較検証もブログにアップしますので、是非またチェックしてみてください!

あせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました